--/--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

- Comments

Leave a Comment


Trackback

http://bblanket.blog134.fc2.com/tb.php/3-935ede09

08/02

沖縄に行ってきました。

僕にとって初沖縄です。
ただし、沖縄本島は飛行機の乗り継ぎのみで、石垣島と西表島がメインの滞在です。

石垣空港で飛行機を降りるなり、東京の数倍は強い日差しに圧倒されます。

20年ほど前に、モルディブに行ったことがありますが、日焼けに対してあまりにも無頓着だった僕は、無謀にも到着日に日焼け止めを一切塗らずに半そで短パンで炎天下を1日歩き回り、その後の1週間の滞在中痛みでもだえ苦しんだことがあります。。おまけに熱まで出ました。

今度こそはあんなばかな過ちを犯してはなりません。
ちゃんと日焼け止めを持参してきました。さっそくホテルで肌が露出している部分に塗りたくります。

P1000044.jpg


今回の旅の目的は、「大自然と一体化!」です。

一番のイベントは石垣島でのダイビングと、西表島での沢登りツアーとカヌーです。


ダイビングは17年ほど前にライセンスを取ったのですが、Cカード取得コースの受講中に耳抜きがなかなかできなくて(実際まったくできないに近かった)、ライセンス取得と同時に止めてしまっていました。
本当は続けたかったのですが、さすがに痛い思いをしてまで潜る気はしませんでしたので。。

それが、5年ほど前に鼻の手術をした際に、ついでに副鼻腔の間の通気性をよくする工事もしまして、飛行機に乗ってもさほど苦痛がなく耳が抜けるようになりました。

で昨年秋に屋久島に行った際、恐る恐るリハビリのファンダイビングをしてみたのですが、痛いのは痛いですが、昔よりかなりマシになっていたので、今回はライセンス取得当時の「憧れ」だった南洋の島のファンダイビングを決行することにしたというわけです。

ダイビングの技術自体は、昨年のリハビリダイビングの際に、インストラクターから「問題ない」というお墨付きはもらっています。ただ、やはり耳については当日の体調やその他いろいろな条件に左右されますので、実際に潜ってみるまでは緊張します。というか、正直かなり恐怖です。

それでも、やはりCカードを取ったからには、一度きれいなは熱帯魚の群れに囲まれて潜ってみたかったんですよね。
17年越しの「夢」です。


ボート上で重い機材を背負い、17年ぶりのバックロールエントリー。
屋久島ではすべてビーチダイブでした。

頭から海中に落ちた瞬間から、きれいな青い海底が見えます。
ただ、2mぐらい潜行したところから早速耳の痛みが始まりました。

ああ、やばい。。
痛いです。かなり。

ほかのツアー参加者の迷惑になりますので、痛くても簡単にはギブアップしたくありません。
そのまま潜行します。(これが後日大変なことに。。。)

必死に耳抜きを繰り返しながら、なんとか痛さを我慢しつつ10mほど下の待ち合わせ場所まで潜りました。

が、そこからさらに潜行しだしたときに、眉間に強い痛みと、ミシミシという音が。
いわゆる、サイナススクイズです。涙もじわじわでてきます。

というわけで、1本目は痛さを我慢するのに必死で、あまり内容を覚えていません。。^^;)

ボートにあがったら、案の定、マスクの中は鼻血です。
(実際は鼻血ではなく、潜降時に圧平衡ができず副鼻腔中の粘膜から滲出した血液)

7-13 (107)


休憩後、ポイントを移動して2本目。
今度は、1本目よりはだいぶましになりました。

キューキューいいながらではありますが、なんとか耳は抜けていきます。
サイナススクイズもありますが、こちらも1本目よりはひどくありません。

という感じで、最初はきつかったものの、2本目からはなんとか楽しめるようになりました。

7-13 (100)



3本目は石垣島で有名なマンタスポットに潜りました。

洋上はダイビング客を乗せたボートで大混雑です。

ポイントから離れた場所にアンカーを下ろさざるを得ず、潜行したあとポイントまで100mほど泳ぐはめに。

P1000131.jpg


あとはエアーを温存するため、海底の岩にしがみついてひたすら待機します。

コンディションがいいときは、頭上に10枚(マンタは枚数で数えるらしい)ほどのマンタが群舞するらしいのですが、水温が30度以上と高すぎるため、30分以上も待ったのにもかかわらずこの日は1枚も出現せず。がっくり。

ちなみに、マンタは、体についた寄生虫をとってもらうために、このポイントに集まるのだそうです。
マンタの寄生虫をえさにする魚がいっぱいいる場所なんですね。


とりあえず、3本目を潜る頃には、こんな風に海面を見上げて泡の動きを楽しむ余裕もできてきました。

7-13 (126)


2日目の様子は次の機会に。








スポンサーサイト

0 Comments

Leave a Comment


Trackback

http://bblanket.blog134.fc2.com/tb.php/3-935ede09

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。