2011年01月の記事一覧

--/--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

01/02

もう随分前(9月)になりますが、スイスとフランスのアルプスにトレッキングに行ってきました。

プライベートでは久しぶりの海外だったわけですが、今回の旅のもう一つの目的は「国際線のファーストクラスに乗る」ことです。

UAのマイルがたまりにたまっていたのですが、忙しくてまったく使う暇がなく。。
これ以上ためても仕方がないので、思い切って一気にドカーンと消費することにしました。

自腹でファーストクラスに乗る機会なんて絶対ないですからね。。
まあ、とにかくとてもいい経験でした。


直前に手配したせいか、直行便のチケットは残念ながらとれませんでした。
往路はタイ国際航空、復路はトルコ航空のチケットをとりました。

※往路
成田→バンコク(ファースト)
バンコク→チューリッヒ(ビジネス)

※復路
ジュネーブ→イスタンブール(エコノミー)
イスタンブール→成田(ファースト)

P1000475.jpg


行きのタイ国際航空のファーストクラスの座席は個室でした。

前後の広さは窓3つ分です。

4列の配置で、中央2列はシート間に開閉できる間仕切りがついていますので、同行する友人や家族がいる場合は、それぞれの通路側のドアを閉めれば、2座席分の空間を個室のように利用できるようになります。

シートは電動で位置を調整でき、マッサージチェア機能もついています。

P1000478.jpg

正面にも小さなイスがありますので、個室内で二人でお話ししたり、テーブルを挟んでお酒を飲んだりもできます。

P1000482.jpg

座席についてから食事までの間、ひっきりなしに飲み物を勧められます。
僕はアルコールがダメなので、ずっとハーブティを飲んでました。

P1000483.jpg

食事は、和食を予約しておきました。

もともと、機内食には期待していないというか、食事やドリンクの充実度はどうでもいい方なのですが、たぶん悪くないと思います。
少なくとも僕は十分満足でした。

P1000488.jpg

P1000490.jpg

食事の後は、シートをフルフラットにし、ドアを閉めて寝ました。
バンコクまでのたった2、3時間でしたが、驚くほど熟睡できました。

やっぱり、フルフラットシートは素晴らしいですね。


P1000505.jpg

バンコクに着いたら、搭乗口にタイ国際航空の地上係員が待っててくれ、カートに乗せられてファーストクラスラウンジへ直行。

噂には聞いていましたが、すごい豪華さ!
今まで経験したラウンジの中で、最大の広さです。

P1000506.jpg


希望すれば、ラウンジのすぐ近くにあるスパでタイ式マッサージを無料で受けられます。

ビジネスクラスは肩と上半身だけ。ファーストクラスは全身らしいです。
僕は成田からファーストクラスを利用したのでラウンジはファーストクラス用でしたが、マッサージはビジネスクラス用のコースでした。

P1000497.jpg
P1000496.jpg
P1000494.jpg

シャワールームもすごい広さで、しかもいくつもあります。
アメニティも高級そうなものが色々と揃えてありました。

P1000503.jpg
P1000500.jpg

マッサージをうけて、シャワーも浴びて、ハーブティーも何杯ものんで、デザートもいただいてゆっくりくつろいだあとで、搭乗時刻を15分ほど過ぎてから係員が呼びにきました。

しかし、驚いたのは、ここまで疲労度ゼロだということです。

はるばる外国に飛行機でやってきたという感覚はほとんどありません。
逆に、普段の睡眠不足を解消できて、調子がいいくらいです。

さすが、ファーストクラスですね。

P1000509.jpg

深夜ということもありますが、全員が搭乗した後なので通路もがらんとしています。

ここからチューリッヒまではビジネスクラスに乗ります。
スポンサーサイト
トップへ | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。