最新の記事一覧

--/--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

01/02

もう随分前(9月)になりますが、スイスとフランスのアルプスにトレッキングに行ってきました。

プライベートでは久しぶりの海外だったわけですが、今回の旅のもう一つの目的は「国際線のファーストクラスに乗る」ことです。

UAのマイルがたまりにたまっていたのですが、忙しくてまったく使う暇がなく。。
これ以上ためても仕方がないので、思い切って一気にドカーンと消費することにしました。

自腹でファーストクラスに乗る機会なんて絶対ないですからね。。
まあ、とにかくとてもいい経験でした。


直前に手配したせいか、直行便のチケットは残念ながらとれませんでした。
往路はタイ国際航空、復路はトルコ航空のチケットをとりました。

※往路
成田→バンコク(ファースト)
バンコク→チューリッヒ(ビジネス)

※復路
ジュネーブ→イスタンブール(エコノミー)
イスタンブール→成田(ファースト)

P1000475.jpg


行きのタイ国際航空のファーストクラスの座席は個室でした。

前後の広さは窓3つ分です。

4列の配置で、中央2列はシート間に開閉できる間仕切りがついていますので、同行する友人や家族がいる場合は、それぞれの通路側のドアを閉めれば、2座席分の空間を個室のように利用できるようになります。

シートは電動で位置を調整でき、マッサージチェア機能もついています。

P1000478.jpg

正面にも小さなイスがありますので、個室内で二人でお話ししたり、テーブルを挟んでお酒を飲んだりもできます。

P1000482.jpg

座席についてから食事までの間、ひっきりなしに飲み物を勧められます。
僕はアルコールがダメなので、ずっとハーブティを飲んでました。

P1000483.jpg

食事は、和食を予約しておきました。

もともと、機内食には期待していないというか、食事やドリンクの充実度はどうでもいい方なのですが、たぶん悪くないと思います。
少なくとも僕は十分満足でした。

P1000488.jpg

P1000490.jpg

食事の後は、シートをフルフラットにし、ドアを閉めて寝ました。
バンコクまでのたった2、3時間でしたが、驚くほど熟睡できました。

やっぱり、フルフラットシートは素晴らしいですね。


P1000505.jpg

バンコクに着いたら、搭乗口にタイ国際航空の地上係員が待っててくれ、カートに乗せられてファーストクラスラウンジへ直行。

噂には聞いていましたが、すごい豪華さ!
今まで経験したラウンジの中で、最大の広さです。

P1000506.jpg


希望すれば、ラウンジのすぐ近くにあるスパでタイ式マッサージを無料で受けられます。

ビジネスクラスは肩と上半身だけ。ファーストクラスは全身らしいです。
僕は成田からファーストクラスを利用したのでラウンジはファーストクラス用でしたが、マッサージはビジネスクラス用のコースでした。

P1000497.jpg
P1000496.jpg
P1000494.jpg

シャワールームもすごい広さで、しかもいくつもあります。
アメニティも高級そうなものが色々と揃えてありました。

P1000503.jpg
P1000500.jpg

マッサージをうけて、シャワーも浴びて、ハーブティーも何杯ものんで、デザートもいただいてゆっくりくつろいだあとで、搭乗時刻を15分ほど過ぎてから係員が呼びにきました。

しかし、驚いたのは、ここまで疲労度ゼロだということです。

はるばる外国に飛行機でやってきたという感覚はほとんどありません。
逆に、普段の睡眠不足を解消できて、調子がいいくらいです。

さすが、ファーストクラスですね。

P1000509.jpg

深夜ということもありますが、全員が搭乗した後なので通路もがらんとしています。

ここからチューリッヒまではビジネスクラスに乗ります。
スポンサーサイト

09/26

もう旅行にいってからずいぶん経つのですが、7月に行った西表島の自然が素晴らしかったので、いくつか写真をUPしておこうと思います。

Iriomote1.jpg

宿泊したパイヌマヤリゾート
原生林の中にあるのですが、とても清潔で過ごしやすいホテルでした。
料理もおいしかったです。

Iriomote2.jpg

ご覧のとおり、ホテルの周りは木々やシダ植物の原生林に囲まれています。
ホテル近辺の道端には、「ハブに注意」という看板が立ってます。
滞在中は一度も出没しませんでしたが。。

Iriomote3.jpg

このホテルの目玉は、日本最南端の天然温泉があることです。
夜中に、周りの原生林から届く南国の夜行性の鳥らしき声を聞きながら温泉につかるのは、なんともエキゾチックな体験でした。

ちなみに、写真は露天の混浴エリアで水着の着用が必要です。
こじんまりとしていますが、きれいで趣のある内風呂も用意されています。
内風呂のほうにも、小さいですが露天風呂もちゃんとついています。

Iriomote4.jpg

ここからは西表島で一番楽しみしていた沢登りツアー。
このような沢というか、小さな川を、巨大な岩を乗り越えたり、池を泳いだりしながらひたすら上流へと上がっていきます。

Iriomote5.jpg

原則水着着用。水に飛び込みまくりますので。
ライフジャケットを借りられますので、足がつかない場所でも心配無用です。
転んだりしますので、あまり肌の露出はない方がいいかもしれません。

Iriomote6.jpg

こんな感じで途中にはいくつも池や滝壺があります。

Iriomote7.jpg

わざと岩と岩の間に挟まったりとか。。

Iriomote8.jpg

このツアーで一番楽しかったのが、川にいる魚たちとのふれあいです。

Iriomote9.jpg

この魚、たぶんオオクチユゴイだと思うんですが、ほとんど人間にあったことがないので、人間が怖い存在だと思ってないらしく、僕たちが池に入ると逃げるどころか、わんさかと集まってくるんですよ。

Iriomote10.jpg

もう、小さいのから大きいのまで、ものすごい数。

Iriomote11.jpg

ほんとにかわいくて、このままの状態でずっと保たれたてほしいなと、切に思います。
魚たちが人間を怖がらないように。。


あと、西表島の動物といえば。。

たくさんのトカゲ!
ほんとにそこいらじゅうにいます。

Iriomote12.jpg

といっても、さほどグロテスクなものはいません。
概して、小さくてきれいでかわいいものが多いです。

特にこのイシガキトカゲ(八重山諸島固有種)はしっぽのメタリックブルーが本当にきれい。
僕がこのトカゲを見かけたときは、かならずいつも2匹のつがいで仲良く出没してました。
夫婦仲がいいトカゲなんでしょうか。

トカゲのしっぽは、ご存知のように危険を感じた時に自分の意志で切り離し、その後再生するわけですが、このイシガキトカゲの場合は、再生の回数が増えるにつれてブルーの鮮やかさが落ちていくそうです。

Iriomote13.jpg

というわけで、こちらのイシガキトカゲの場合は、先にあげたものより人生経験が豊富と見ました。

Iriomote14.jpg

このサキシマキノボリトカゲもとても可愛いです。というか、姿勢がよくてかっこいいです。
ただ、人間をみかけると、固まって動かなくなりますので、、

Iriomote15.jpg

こんな風に、すぐにつかまっちゃいます(笑)


ほかにも何種類か見かけましたが、トカゲはこの辺にして、


西表島のもう一つのメインイベントは、ナイトカヌー。

Iriomote16.jpg

文字通り、真夜中に行うカヌーです。

通常は満月の日に開催するらしいのですが、今回はなかば無理やりにお願いして、ほとんど月がでていないのにもかかわらず催行してもらいました。

月明かりもほとんどなく、まさに周りは漆黒の闇です。水面すらほとんど見えません。
鳥たちと、川岸のヤモリの鳴く声だけが、こだまします。

目が慣れてくると、空の星の数に驚きます。

この日はツアー参加者が僕だけということもあり、会話もなく、静まり返った中で、本当にすばらしい神秘的な体験をすることができました。もう病み付きになりそうです。

次に西表島にきたら、必ずもう一度参加すると思います。

西表島は最高です!


nuTsie 恐るべし

カテゴリ:音楽

08/29

先週、ついにHMV渋谷店が閉店しました。

若い頃は小遣いのほとんどが CD に消えていたような時代もありましたが、ここ10年ほどはほとんど CD を買ってません。

昔は、ヒット曲というものは、1曲1曲すごく輝きを放っていたと思います。
メロディもすばらしい曲が多かったですし。

10数年前から、ポピュラーミュージックが過度にパーソナルな表現手段になってしまって、エンターテイメント性が薄れ、また、新しいものを追求しすぎるあまり、既存のよいものを破壊しすぎたりしてしまった気がします。

一方、電子楽器やソフトウェアの進歩により、誰でも「サウンド」だけはプロに近いクオリティで録れるようになりました。その結果、楽曲自体はたいしたことがなくても、それなりの体裁を整えた曲が量産されてきました。

バンドブーム以降、自分で作詞作曲して演奏するアーティストが増えましたが、職業作曲家が作るメロディに比べてあきらかに雑だったり。CMで流れるサビだけ一生懸命作って、 Aメロ、Bメロはひどい出来だったり。

なんか、商業化されすぎて、夢がなくなってしまった気がします。


NHKで3月に放送した『洋楽倶楽部80's』という番組がありましたが、その第2弾が8/11に放送されていました。
初回のスペシャルが評判よかったんでしょうね。

1回目はコント仕立てでちょっと過剰な演出という感じでしたが、今回は前回より落ち着いたトーク番組みたいな感じでよかったです。

80年代の洋楽は素晴らしかったです。
次から次へと名曲が生まれる時代をリアルタイムで経験できてほんとに幸せだったと思います。

日本のテレビやラジオも、新しい曲ばかりじゃなくて、もっと古い時代の曲をフィーチャーした番組を作ればいいのにと思います。膨大な資産があるんですから。


なんて、いろいろ考えてたときに、すごいものと出会いました。

音楽好きな人の間では既に有名なサイトらしいですが、nuTsie といいます。

様々なサービスを提供しているのですが、その中でも「nuTsie Top 100s by Year」がほんとにスゴい!

簡単に言うと、1947年から今年までの過去のアメリカのトップ100チャートに上がった曲を「全曲」しかも「無料」で聴けてしまうというものです。

年は自分で選択します。自分で選曲することはできなくてランダムで曲が流れてきますが、聴きたくない曲が流れてきたらスキップすることができます。

こりゃ、CD も売れない訳だ。。。とあらためて思いました。
僕が今 CD を買うとしても、ほとんどが 80 年代にリリースされたもので、当時はお金がなくて買えなかったもの等が多いですし。


PC ですと完全に無料で聴けるようですが、230円で iPhone 用のアプリも販売されています。

nuTsie_iphone_app.jpg


230円で、6,000曲以上の曲がいつでも聴ける!という、すさまじいサービスです。

nuTsieを流していて、約20年ぶりに聴いた曲も多く、ここ数日はほんとに懐かしい気持ちでいっぱいになってます。


この nuTsieを運営しているのが、Melodeoという会社なのですが、なんと今年の6月に HPに買収されてしまいました。

Apple も Lala という nuTsie の競合にあたるような企業を既に買収しているそうですし、あの Google も年末までには音楽ダウンロードサービスの開始を計画しているそうですから、この分野は今後競争が激化していきそうですね。

それにしても、すごい時代になったものです。

08/22

さて、黒島でゆったりとした時間をすごした翌日は、再び石垣島でダイビングです。

今日の1本目は、石垣島の北端にある平久保崎という岬の沖合いでボートダイブ。

ishigaki2-1.jpg


ここは地元でもまだあまり知られていないエリアだそうで、海流や天候に影響されやすいものの、コンディションさえ良ければ本当にすばらしいダイビングスポットだとのこと。非常に楽しみです。


エントリーした瞬間に深いブルーの海底が目の前に広がります。ものすごい透明度!

ishigaki2-2.jpg


今日はコンディションがよく、透明度は約30mはあります!


これぞ沖縄!夢に見た世界です。

ishigaki2-3.jpg


サンゴとかがたくさんある海底よりも、「海底のビーチ状態」、つまりものすごい透明度の中を、白い砂で敷き詰められた海底を見ながら宇宙遊泳のように泳ぐ、というにのあこがれていたんですよね。

30m弱まで潜行し、しばらく泳いで、あたり一面白い砂が敷き詰められたエリアに到着。

ここで、全員いったんフィンを足からはずして、徒競走?です。

ishigaki2-4.jpg

これが、予想外の楽しさ!
海中でフィンをはずすということもあまりないですし、しかも海底を歩くという経験なんてまずないですから。


ただ、この日は海底の潮流が強く、ごらんのような角度に体を傾けないと、前に進めません。。

ishigaki2-5.jpg


その後は、全員順番に、海底バック転大会。

ishigaki2-6.jpg

せーのっ!


ishigaki2-7.jpg

くるりん。。。

ishigaki2-8.jpg

「いつもより多めに回しております。」

じゃなくて、回りすぎて着地失敗。


2本目3と本目は、別のスポットへ移動して、じっくりとお魚の群れを鑑賞です。

あとはひたすら石垣島の美しい魚達の写真をお楽しみください!

ishigaki2-9.jpg

ishigaki2-10.jpg

ishigaki2-11.jpg


ishigaki2-12.jpg

ishigaki2-13.jpgwidth="480" height="360" />

ishigaki2-14.jpg

ishigaki2-15.jpg



黒島へ渡る

カテゴリ:旅行

08/22

久々のダイビングを楽しんだ後、翌日は黒島へ。

黒島は一言で言うと「なにもない島」です。
特徴といえば、とにかく牛がとてもたくさんいる事ぐらい。

ただ、その「何もなさ」がすこぶる心地よいわけです。

船で港に着いたらすぐに自転車を借り、サイクリング。

kuroshima1.jpg

これは漕ぎ出してすぐの風景ですが、ご覧のとおり、なーんにもありません。

34度の炎天下、噴出す汗をぬぐいながら、ひたすらペダルを漕ぎます。

15分くらいして島の反対側の海岸に着きました。

kuroshima2.jpg


八重山諸島の海は、どの島でも本当にきれいです。

このビーチでは遠浅なので、かなり沖合いでシュノーケリングを楽しんでいる人たちも、腰から上を海面に出した状態で歩いています。

その後、有名な伊古桟橋へ。

kuroshima3.jpg


もともとは大正13年の築造で当初は木造だったそうですが、昭和11年に石積み工法で造りなおされたそう。
つまり、戦前からある桟橋です。国の登録有形文化財にも指定されてます。

延長354メートル。途中崩れていますので、そこで自転車を置いていくことになりますが、先端まで足を伸ばせば、360度のオーシャンビューです。

kuroshima4.jpg

これは桟橋の先端から浜をバックに撮った写真ですが、いまいち景色の美しさが伝わりませんね。。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。